スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | | page top↑
■服装・用具
・服装
「必ずこれを着ないといけない」というものはありません。
 服装は最初はTシャツにジャージなど、
 身動きのしやすいものであれば十分です。
 また空手などの道着を着る方も多く、
 協会公認ユニフォームというのもあるようです。

img_goods.jpg


・道具
 防具 面(マスク)公認面は3種類。
 「面」は目や耳といった衝撃に弱い部分を
 保護するように作られており、必須の用具

・得物 
 小太刀(60cm) 長剣(100cm)のソフトエア剣が基本で、
 この他に短刀 (45㎝)・槍 (210㎝)・棒 (210㎝)・
 ナギナタ (210㎝)・杖 (140㎝)・ 盾などがあります。

以下に、各得物の説明をします。

・短刀(たんとう)長さ 43 cm
 短刀は「ナイフ」のイメージの得物です。
 リーチが短く、体術的な要素が大変大きい種目です。
 玄人受けするようで最近、人気が出てきましたが、
 競技人口はまだ少ないようです。
 そのため、大会で種目として成立しないこともしばしばです。


・小太刀(こだち)長さ 60 cm
 入門者用の得物と言われ、
 得物の扱いだけでなく間合いや体さばきの点でも
 攻守の練習に適して います。
 奥が深いので経験者になってもいつまでも楽しめることができ、
 競技人口も多い得物です。
 対戦では、軽くて扱いやすいために攻防の切替えが素早く、
 スピーディーな展開が多いのが醍醐味です。
 競技種目としては、「小太刀」の他に「二刀(長剣と併用)」 
 「盾小太刀(盾と併用)」で用いられます。


・長剣(ちょうけん)長さ 100 cm
 「刀」のイメージの得物ですが、
 刀のように片刃ではなく両刃の扱いになります。
 小太刀と並んで人気がある得物です。リーチが長いため、
 遠い間合いからの攻撃ができます。
 その反面、大振りになってしまいがちで、
 相手に攻撃を察知されやすく、
 慣れるまではいささか扱いにくいと感じるところもあります。
 競技種目としては、長剣フリー(片手もしくは両手で扱う)、
 長剣両手(攻撃動作・防御動作中の片手持ち禁止)、
 二刀(小太刀と併用)があります。


・槍(やり)、薙刀(なぎなた)長さ 190 cm
 最もリーチの長い得物です。
 同じ道具を使って「槍」「薙刀」をしますが、
 槍の場合は突きと足薙ぎ(身を引きながらの足部分への斬り)
 のみが許され、 薙刀の場合は斬りのみが許されます。
 薙刀はあまりポピュラーではないようです。
 リーチの長さに基づく武器論としては
 槍は得物の中では最強なのかも知れません。
 しかし一度懐に飛び込まれると防御する術がないことから、
 他の得物で槍に対峙しても十分勝機はあります。 
 得物自体が重くて好き嫌いが分かれますが、
 「突き」を極めたい方にはうってつけです。


・棒(ぼう) 長さ 200 cm
 全長2mの棒で、両端がエアー剣になっています。
 両端のエアー剣部分で攻撃します。
 非常に長くて初めは扱いにくいですが、
 円運動を基本とするその技術と醍醐味は他の得物にはなく、
 マニアも多いようです。


・杖(じょう、つえ) 長さ 140 cm
 上記の棒を短くしたものです。使っている人はまだ少ないようです。
スポンサーサイト
【2007/03/01 16:20】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<■スポーツチャンバラとは | ホーム | ■種目>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuzuhaspochan.blog94.fc2.com/tb.php/6-8e563553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。