■基本・試合でのルール
■基本ルール

・持っている武器で相手の体のどこを打っても勝ち、
 自分の体のどこを打たれても負け。

 ※得物を持っていない手で受ける事を「かばい手」といい一度のみ許される。
 かばいては「かばいて」と審判が警告し、警告を受けた選手は、
 腰辺にその手を固定して試合を続行する。
 尚、二度目は使えないため、使った場合は1本とされる。

・面を装着
 エアーソフト剣は柔らかくできていますが、
 目や耳などのデリケートな部分へはダメージがあります。

・得物の根本や握り、柄の部分(硬い部分)で打たない
 エアーソフト部は柔らかくできていますが、その他の部分は硬い素材でできており、
 その部分で相手を打つと 怪我につながります。

・自己審判
 相手の攻撃が当たってしまった時など、
 審判がいても選手自らの申告で潔く負けを認めます。
 フェアプレイの精神を重視する競技なのです。


▼試合でのルール

・選手はコートの開始線まで進んで互いに礼をし、
 審判の「はじめ」の合図で試合を始めます。

・3分間、1本勝負(又は、3本勝負)延長2分間。

・相打ちは、両者敗けとなる。但し、3本勝負の場合は、
 相方が、1本づつ取ったことになり1本勝負として試合を行う。

・得物を落とした場合や転倒した場合でも、試合は続行される。

・各、カテゴリーは、同種類の得物で戦う。

・グランドチャンピオン決定の場合は、
 各カテゴリーの勝利者によるトーナメント1本勝負とし、
 その際の得物は公平をきすために、長剣(フリー)で実施する。

・試合は一辺6~9メートルの正方形のコートです。
 試合中、コートの外に出ると場外反則となります。
 これを2回行うと反則負けになります。

・決勝戦は「3本勝負」とする場合も可。

・「長剣両手」は、打突は全て両手把持として、
 片手打突は反則とする。

・審判の判定に異議がある場合、
 選手は挙手して検査役に申し立てをすることができる。
 ただし、検査役の裁定には従わなければならない。

・審判の勝利宣告の後、選手は互いに礼をし、コートから出ます。
スポンサーサイト
【2007/03/01 16:10】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<■種目 | ホーム | ■級・段>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuzuhaspochan.blog94.fc2.com/tb.php/5-4e061207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |